立場別!結婚祝い金の金額相場まとめ

はじめに

結婚式に招待されたとき、誰もがすぐに頭をよぎってしまうのが、ご祝儀。祝い金をいくら包むのがマナーなのでしょうか。もちろん、結婚祝いは気持ちを包むものなので、決まった金額はありません。

そこで、今回は、新郎新婦とのそれぞれの立場で違う結婚祝いの相場を、著者の体験等も交えてお伝えできればと思います。

この記事ではnanapiユーザーの体験を元にしたHowtoを紹介しています。ここに示したものは一例としてお考えください。

新郎新婦との立場別の相場

家族(兄弟、姉妹、甥、姪、孫など)

5〜10万円ぐらいが相場です。

親族(いとこ、その他親戚)

3〜10万円です。

上司、取引先

3〜5万円です。

部下、その他

2〜3万円です。

あくまで相場です。この範囲内でなくてはならないわけではありません。立場に応じて、金額は選定しましょう。
:連名の場合はその金額から1.5倍〜2倍したものが相場です。結婚式に出席しない場合は、だいたい上記の半額ぐらいにしましょう。

両親からの相場

両親からの祝い金はゼロという家庭も珍しくないようですが、相場は100万円程度で、親の収入と子供の収入のバランス等で変わってきます。親は無理をせず、これぐらいならという範囲で送りましょう。

著者の最近の3つのパターン

高校の同級生:3万円

お祝い金は、割り切れる数字はよくないので、3万円にしました。

会社の上司:5万円

こちらは部下なので、3万円程度でもよかったのですが、結婚式場や披露宴会場が豪華で有名なところだったので、食事代も高いであろうと思い、金額をアップしました。

結婚祝い金は、披露宴などでのお食事代と祝いの気持ちがこもったものです。なので、食事代が高そうだと少し上げる必要があります。

いとこ:7万円

この日は、嫁と出ていたので、連名で嫁と私の2人分を出しました。

さいごに

結婚の祝い金は、あくまで気持ちを包むものであることを忘れずに、立場や地域、会社、収入でも内容は変わってきます。金額の相場を頭に入れたうえで、無理をせずあなたに合ったご祝儀を贈りましょう。

(photo by 足成)

最後まで読んでいただきありがとうございました
この記事はお役に立ちましたか?

このサイト全体ではこんな記事がよく読まれています

この記事に関連しているかもしれない記事はこちらから探すことができます

もし記事が役立ったらみんなにもシェアしてみてくださいね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加