「平服ってなに?」結婚式に参列する服装の基礎知識

平服とは?

結婚式の招待状に、「平服でお越しください」と書いてあったけど?平服って普段着のこと……?この聞き慣れない言葉について、簡単にお教えします。

基本的なルール

本来着るべきなのは「礼服」

格式の高い典礼では、出席者に「礼服」の着用を求められることがあります。男性ならモーニングやタキシード、女性ならドレスといった特別な装いのことで、これは「正礼装」などと呼ばれます。

「平服」=「“礼服”でなくてよい」

一方、「平服」とは、言葉のうえでは「日常に着る衣服」のこと。「家では一日中パジャマなんだけど……」というあなた、慌ててはいけません。

これは「礼服(正礼装、準礼装)でなくてよい」という程度の意味。「改まった場に出て恥ずかしくない服」であればOK、というふうに考えるのがいいでしょう。男性ならスーツ、女性はスーツやワンピースなど、「略礼装」と呼ばれるスタイルです。

「略礼装」、具体的には?

参列客は、新郎新婦より目立たないことを旨とした装いが求められます。ふつう職場で着用するような、華美にすぎない衣服が適当です。

男性はスーツ

男性の場合は、ごく普通のダークスーツまたはブラックスーツが基本で、これは慶弔の区別なく着られます。合わせはシングルでもダブルでも問題ありません。シャツは白のレギュラー。ネクタイはホワイトまたはシルバーのものを結び下げ(ブラックスーツには蝶ネクタイも可)、さらにポケットチーフを胸元にあしらい、ただのビジネススーツと受け取られないようにしましょう。

なお、ブラックスーツと白ネクタイの組み合せが礼装として通用するのは日本だけですので、海外では注意が必要です。

女性はスーツやワンピースなど

女性はスーツ、パンツスーツ、ワンピースなどから選べます。デザインは自由ですが、あまりにもカジュアルなものは避けましょう。花嫁の色である「白」と、喪服の色である「黒」を避けるのが普通ですが、全身白あるいは黒でなければ気にしすぎることはありません。

ただしその一方、男性客が暗い色のスーツを着用することになっているため、女性客には会場で(新婦を邪魔しない程度の)華やかさが求められがちです。アクセサリーや小物などにも気を配りましょう。

子供は学校制服が正装

子供の礼服は、学校の制服があればどのような場面においてもそれが正式なものとなります(喪服等に関しても同じ)。

制服がない場合、夏は、白のワイシャツやブラウスに、黒・紺・グレーのズボンまたはスカート。冬は、やはり白のワイシャツやブラウスに、紺やグレーのブレザーと、ブレザーと同色のズボンまたはスカートをそろえましょう。

おわりに

会場の雰囲気や出席者をあらかじめ調べておくことも必要ですが、あなたが一般の参列者であれば、略礼装で失礼ということはありません。あとは当日の振る舞いで失礼のないようにしましょう!

関連記事

最後まで読んでいただきありがとうございました
この記事はお役に立ちましたか?

このサイト全体ではこんな記事がよく読まれています

この記事に関連しているかもしれない記事はこちらから探すことができます

もし記事が役立ったらみんなにもシェアしてみてくださいね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加